「夜勤で時差ボケ改善のススメ」のページをアップ致しました。

投稿日:2014年2月25日|カテゴリ:お知らせ

「夜勤で時差ボケ改善のススメ」のページをアップ致しました。

深夜を含む交代勤務で、時差ボケが問題になっています。体内時計が乱れ、夜は目がさえ朝方に眠くなる悪循環から体調不良に陥りやすくなっています。
海外旅行では話題になりますが、昼夜活動する24時間社会によって日ごろから備える必要が出てきました。

人間は昼間の明るいうちに行動する生き物で、朝日が昇ると活動を始めて日が沈むと眠りに落ちて体を休めます。
こうしたリズムを維持するために、体内でリズムを刻む体内時計を持っている。夜になると眠気を催し、日中は体温や心拍数があがってきます。
差ボケが数日ではなく数カ月から数年にわたって続くと「高血圧や糖尿病、がんの発症リスク」が上がります。