「働く女性と病」のページをアップ致しました。

投稿日:2014年7月23日|カテゴリ:お知らせ

「働く女性と病」のページをアップ致しました。

乳がんや子宮がんは働く世代に発症することの多い病気です。乳がんは日本の女性に最も多いがんで年間6万8000人が発症しています。患者は増加傾向にあり12人に1人が乳がんになると言われていますが、早期に発見し適切に治療すれば命に直接影響が出にくいがんです。